1. ホーム
  2. いわて純情米 2020年産米生育状況
  3. JAいわて花巻 銀河のしずく

いわて純情米 2020年産米生育状況

いわて純情米 2020年産米生育状況

JAいわて花巻 銀河のしずく

移植日:
2020年5月26日
出穂日:
2020年8月2日
刈取予定日:
出回り予定日:
2020年9月8日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、成熟期の生育状況は以下のとおりです。

      令和2年    平年(H27~R1までの平均)
稈長    82.3cm(平年比 104)    79.4cm
穂長    18.6cm(平年比 103)   18.0cm
穂数    387本/㎡(平年比 95)   456本/㎡

②花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の平均の出穂盛期は8月7日で、平年より2日遅れましたが、8月に入り高温、日照時間の多い日が続き、登熟は非常に良好で、刈り取りは平年並みからやや早まり、9月15日頃から始まると思われます。

〇調査ほの特記事項
①「銀河のしずく」の成熟期の生育状況は以下のとおりです。
       令和2年     平年(H28~R1までの平均)
稈長   72.4cm(平年比 101)  71.9cm
穂長   19.0cm(平年比 103)    18.5cm
穂数   448本/㎡(平年比 129)     348本/㎡

②「銀河のしずく」の出穂盛期は8月4日で、平年より1日遅れましたが、8月に入り高温、日照時間の多い日が続き、登熟は非常に良好で、刈り取りはほぼ平年並の9月18日頃となりそうです。

③9月8日、登熟の比較的早いほ場の、“ためしずり”(数株の稲穂を脱穀・籾すりし、玄米品質を確認すること)を行ったところ、登熟期の高温の影響やカメムシ、いもち病等病害虫被害粒は見られず、品質は良好でした。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年8月27日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の品種を込みにした出穂状況は、出穂始期:8月2日、出穂盛期:8月6日、出穂終期8月11日で、出穂盛期は平年より1日遅れました。
②7月中旬以降、やや低温で日照時間も少なめでしたが、8月に入り高温、日照時間の多い日が続いており、初期登熟は順調です。
③7月下旬から見え始めたいもち病は、適正な防除剤処理を指導した結果、現在は小康状態です。

〇調査ほの特記事項
①「銀河のしずく」の出穂盛期は8月4日でしたが、出穂後の天候は良好で、登熟は順調であり、傾穂がかなり目立つようになりました。
②いもち病等の病害の発生は今のところありません。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年8月11日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、出穂期の平均値は以下のとおりです。

      令和2年       平年(H27~R1までの平均)
出穂期  8月7日(平年比+2日)      8月5日

②幼穂形成期(幼穂2.0mm)はほぼ平年並(概ね7月13日)でしたが、その後もやや低温(平均気温はそれほどではないが、最高気温が低い)、曇天、日照時間が少ない日が続き、出穂期は8月7日で、平年(8月5日)より2日程度遅れました。
③いもち病の発生が見え、適正な防除剤の処理を指導しているところです。

〇調査ほの特記事項
①「銀河のしずく」の出穂期は、8月4日で、平年(8月3日)より1日遅れました。
②いもち病等の病害の発生は今のところありません。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年7月27日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、7月27日現在の生育状況は以下のとおりです。

         令和2年    平年(H27~R1までの平均)
草丈    82.4 cm(平年比 106)      72.4cm
茎数    438本/㎡(平年比 92)    475本/㎡
葉数    12.0葉(平年比 +0.3葉)    11.7葉

②6月までは好天に恵まれ、水稲の生育は非常に順調でしたが、7月以降やや低温、曇天、日照時間の少ない日が続き、生育はやや停滞しています。幼穂形成期(幼穂2.0mm)はほぼ平年並(概ね7月13日)でしたが、その後の幼穂の伸長も遅れ気味です。出穂期の平年値は8月5日頃ですが、今年の出穂期は、若干遅れるものと思われます。
③いもち病の発生が見え始めました。適正な防除剤の処理を指導しているところです。

〇調査ほの特記事項
①7月27日現在の調査区の生育状況は以下のとおりです。
 
     令和2年        平年(H27~R1までの平均)
草丈   82.4(平年比 101)      81.4cm
茎数   476本/㎡(平年比 120)    398本/㎡
葉数   11.9葉(平年比 ±0.0葉)   11.9葉

②6月までは好天に恵まれ、水稲の生育は非常に順調でしたが、7月以降やや低温、曇天、日照時間の少ない日が続き、生育はやや停滞しています。「銀河のしずく」の幼穂形成期(幼穂2.0mm)はほぼ平年並(7月11日)で、その後の幼穂の伸長は若干遅れ気味ですが、出穂期はほぼ平年並の8月4日頃と予想しています。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年7月13日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、7月6日現在の生育状況は以下のとおりです。

         令和2年    平年(H27~R1までの平均)
草丈    54.0 cm(平年比 106)      39.5cm
茎数    489本/㎡(平年比 103)    353本/㎡
葉数    10.0葉(平年比 +0.5葉)    9.5葉

②中干しが、6月25日頃から始まりましたが、梅雨入り(東北北部梅雨入り、6月14日)後、連日の降雨で中干し効果はほとんど見られない状況です。葉色はやや濃いほ場が多いですが、退色の始まっているところも散見されます。
③7月10日頃から、幼穂形成期(幼穂長2.0mm)が確認されるようになりました。生育進度は、平年よりやや早めと思われます。

〇調査ほの特記事項
①7月6日現在の調査区の生育状況は以下のとおりです。
 
     令和2年        平年(H27~R1までの平均)
草丈   64.3(平年比 118)      54.4cm
茎数   610本/㎡(平年比 149)    409本/㎡
葉数    9.9葉(平年比 +0.1葉)    9.8葉

②中干しが、6月25日頃から始まりましたが、連日の降雨で中干し効果はほとんど見られない状況です。葉色はやや濃いほ場が多いです。
③幼穂形成期が7月8日頃から確認されるようになりました。生育進度は平年よりやや早めです。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年6月25日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
①花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、6月25日現在の生育状況は以下のとおりです。

         令和2年    平年(H27~R1までの平均)
草丈    48.0cm(平年比 109)      39.5cm
茎数    414本/㎡(平年比 117)    353本/㎡
葉数    8.9葉(平年比 +0.8葉)    8,1葉

②5月下旬以降好天に恵まれ、水稲の生育は非常に順調です。
③しかし、高温、降雨量少の影響もあって、藻類、表層剥離の発生が目立ち、また、水持ちの良い水田を中心に、水田の“わき”(ガスがわく)も見えましたが、積極的な水の入れ替え(間断かんがい)を指導し、藻類、表層剥離、“わき”による生育抑制の軽減効果が見えました。生育の対する影響は軽微と思われます。
④中干しが各地で始まりました。

〇調査ほの特記事項
①6月25日現在の調査区の生育状況は以下のとおりです。
 
     令和2年        平年(H27~R1までの平均)
草丈   50.1cm(平年比 129)     38.7cm
茎数   542本/㎡(平年比 165)    329本/㎡
葉数    8.7葉(平年比 +0.2葉)    8.5葉

②移植後、連日の好天により、藻類、表層剥離の発生が目立ち、水田の“わき”(ガスがわく)症状が見られたので、2~3日程度の落水と水の入れ替えを行い、“わき”、表層剥離症状は軽減され、今のところ生育は順調です。
③中干しが始まりました。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】

2020年6月16日
産地コメント

〇花巻地域(花巻市)の状況
・花巻地域の「ひとめぼれ」生育調査ほ9か所の、6月15日現在の生育状況は以下のとおりです。

      令和2年       平年(H27~R1までの平均)
草丈   34.4cm(平年比108%)  31.9 cm
茎数   248本/㎡(平年比109%)  228本/㎡
葉数   7.6葉(平年比+0.8葉)   6.8葉

・5月下旬以降好天に恵まれ、水稲の生育は非常に順調です。
・しかし、高温、降雨量少の影響もあって、藻類、表層剥離の発生が目立ち、また、水持ちの良い水田を中心に、水田の“わき”(ガスがわく)も見えます。中しまでには多少間がありますので、積極的な水の入れ替え(間断かんがい)を指導しています。

〇調査ほの特記事項
      令和2年       平年(H27~R1までの平均)
草丈   37.1cm(平年比108%)  32.3 cm
茎数   301本/㎡(平年比109%)  243本/㎡
葉数   7.1葉(平年比+0.8葉)   7.1葉

・移植後、連日の好天により、藻類、表層剥離の発生が目立ち、水田の“わき”(ガスがわく)症状が見られたので、2~3日程度の落水と水の入れ替えを行い、“わき”、表層剥離症状は軽減され、今のところ生育は順調です。


ほ場写真全景

【撮影地/花巻鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻鍋倉】

2020年5月26日
産地コメント

〇花巻農協管内の田植進捗状況は以下のとおりです。
・花巻地域
  田植始期:5/8 田植盛期:5/13 田植終期:5/22
・北上地域
  田植始期:5/10 田植盛期:5/15 田植終期:5/24
・西和賀地域
  田植始期:5/18 田植盛期:5/23 田植終期:5/31
・遠野地域
  田植始期:5/13 田植盛期:5/18 田植終期:5/27
・管内合計
  田植始期:5/10 田植盛期:5/16 田植終期:5/25

〇花巻地域(花巻市)の状況
・育苗期は、低温の時期もありましたが育苗後半には天候も回復し、苗立枯病、籾枯細菌病、ムレ苗等の発生も少なく、良好な苗が生産されました。
・花巻地域の田植盛期は 5月13日で、ほぼ平年並みです。
・移植時及び移植後は、やや低温、曇天の日もありましたが、活着はおおむね順調でした。
・5月27日に、移植苗の初期分げつを確認できました(ほぼ平年並み)。一部で、低温、強風の影響で葉先枯れが見えますが、今のところ生育は順調です。

〇調査ほの特記事項
・調査地点の「銀河のしずく」の移植期は5月9日(平年5月13日)でした。
・5月26日現在、調査区の植付本数3~10本(平均5.0本)、葉数は3.6葉です。
・6月1日観察では、連日の好天により、藻類や表層剥離の発生が目立ってきました。

ほ場写真全景

【撮影地/花巻市鍋倉】

ほ場写真稲体

【撮影地/花巻市鍋倉】