1. ホーム
  2. いわて純情米 2020年産米生育状況
  3. JAいわて平泉 金色の風

いわて純情米 2020年産米生育状況

いわて純情米 2020年産米生育状況

JAいわて平泉 金色の風

移植日:
2020年5月15日
出穂日:
8月上旬
刈取予定日:
10月初旬
出回り予定日:
2020年9月7日
産地コメント

黄金色に実った穂を見ると、穂先まで充実した籾で粒張りも非常によく、収量も期待できるところです。
9月に入り長雨が心配されますが、収穫が待ち遠しい今日この頃です。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年8月24日
産地コメント

出穂期間も好天に恵まれ順調に登熟が進んでおり、このまま順調に推移すると9月中旬頃の刈取となる予定です。出来秋が楽しみな今日この頃です。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年8月11日
産地コメント

ようやく、夏本番の天気になりました。これまで記録的な日照不足により生育が停滞気味でしたが出穂期の天候が概ね好天に恵まれ順調に推移しております。出穂は昨年から比較すると5日程度遅れています。写真では分かり辛いかも知れませんが、栗駒山には僅かながらも残雪が残っています。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年7月28日
産地コメント

7月後半になり天候も回復しつつあります。まだ、夏本番の天気とはなりませんが時折日差しもあり、気温も高めに推移しております。これまでの天候により、いもち病の恐れがありますので、栽培管理には注意をしながら管理して参ります。一部の株では穂が見られるようになりました。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市中里(第一遊水地)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市中里(第一遊水地)】

2020年7月13日
産地コメント

日照時間が平年より少ない状況が続いておりますが、生育はほぼ順調に生育しておいります。
幼穂が5mm程度となっており、例年より早めの幼穂形成期に入っております。
このまま、順調に推移すると7月中に出穂するものと思われます。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年6月30日
産地コメント

ここ数日は本格的な梅雨を思わせる重い雲に覆われ降雨があります。気温は高めで湿度が高くジメジメした感じです。今月は減数分裂期と幼穂形成期のお米づくりには重要な時期を迎えます。

生育状況は草丈及び茎数伴に平年を若干上回る状況で、平年より3日程度生育が進んでおります。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年6月15日
産地コメント

久しぶりの雨上がりの清々しい早朝の様子です。栗駒山(須川岳)残雪も残っております。岩手県知事の田植えから、ちょうど1ヶ月となりました。降雨が少なく気温も高めで推移しております。

生育状況は平年よりやや早く、草丈・茎数ともに平年を若干上回っております。中干しに向けて準備をすすめている状況です。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】

2020年6月2日
産地コメント

世の中が自粛ムードの反面、米生産者にとっては、作業時間が確保できたことで良い滑り出しとなりました。
天候にも恵まれ、順調に生育が進んでいます。

ほ場写真全景

【撮影地/一関市(厳美地区)】

ほ場写真稲体

【撮影地/一関市(厳美地区)】