酪農ヘルパーとは?

 酪農ヘルパーは、酪農家が休みをとる際に酪農家に代わって、搾乳や飼料給与などの作業を⾏う仕事に従事する⼈をいいます。
 従来から酪農は畜産の中でも最も休みがとりづらい分野でした。これは朝⼣2回の搾乳作業をしないと乳⽜が病気になってしまうからです。そのため酪農家は1年中休みがとれないという実態となっていました。
 こういった事態を少しでも解消して酪農家が定期的に休⽇をとってゆとりがある経営を展開してもらうために、酪農ヘルパーが活躍しています。

  • 私のミルクはまだかな…?私のミルクはまだかな…?
  • 女性ヘルパー活躍中!女性ヘルパー活躍中!
  • 酪農家さんと談笑酪農家さんと談笑
  • 牛さんも安心して搾乳中牛さんも安心して搾乳中
  • 牛舎に猫はつきもの!いつもかわいがっています牛舎に猫はつきもの!
    いつもかわいがっています
  • 糞だし(掃除)をして快適に糞だし(掃除)をして快適に
  • 哺乳用のミルク作り哺乳用のミルク作り

基本的な1日の仕事の流れ

基本的な1日の仕事の流れ

県内酪農ヘルパーの声

⽊⼾場 真紀⼦

⽊⼾場 真紀⼦ さん

K i t o b a M a k i k o

所属:葛巻町酪農ヘルパー利⽤組合
ヘルパー歴:約20年
出⾝地:福島県

キャラクター女性

酪農ヘルパーになったきっかけは?

もともと動物が好きでした。学⽣時代に茨城県の鯉渕学園で畜産、特に酪農に興味を持ち、酪農家さんのところへ実習に⾏った際に酪農ヘルパーという仕事を知ったことがきっかけです。卒業後、知識と技術の向上を⽬標に、酪農の盛んな葛巻町で酪農ヘルパーになりました。

酪農ヘルパーの魅⼒・失敗談を教えてください。

魅⼒は、酪農家さんとの交流が楽しいことです。また、仕事を重ねることで、技術の向上が実感でき⾃信がつきます。
失敗談は、連絡ミスで抗⽣物質治療中の⽜乳を搾り、⼤量の⽜乳を廃棄してしまったことです。

酪農ヘルパーを⽬指す⽅へメッセージをお願いします!

新鮮・安全・おいしい⽜乳の⽣産を毎⽇頑張っている酪農家さんたちに、たまにはゆっくり休んでもらいたい!酪農ヘルパーは、頑張っている酪農家さんを⽀える仕事です。動物が好き、⽜乳が好き、⼤⾃然に包まれたい、体⼒に⾃信がある⽅、お待ちしております!
浅⼭ 瑠星01 浅⼭ 瑠星02

浅⼭ 瑠星 さん

A s a y a m a R y u s e i

所属:東部地域酪農ヘルパー利⽤組合
ヘルパー歴:3年
出⾝地:岩⼿県 盛岡市

キャラクター男性

酪農ヘルパーになったきっかけは?

⼈に紹介されて酪農ヘルパーという仕事を知りました。
それぞれの作業の⾏い⽅を学び、⾃分をスキルアップしたいと考えていたので、話を頂いた際に、⾃分にピッタリだと思ったのがきっかけです。
また場所や作業内容にはよりますが、作業時間よりも⾃由時間の⽅が多いことにも魅⼒を感じたこともきっかけです。

酪農ヘルパーの魅⼒・失敗談を教えてください。

魅⼒の1つ⽬は、様々な⽜舎に⾏くことができ、それぞれ酪農家の⽜舎作業内容を学べること。2つ⽬は、⼣・朝と⾏く農家によって作業時間は異なりますが、作業が終われば⾃由時間なので、趣味の時間に使えることです。
失敗談は、農家の⽅と引継ぎの時に搾ってはいけない⽜を聞いていましたが、作業に⼊った際に、搾ってから搾ってはいけない⽜だと気づき、⼣⽅分の⽣乳を廃棄しなければいけなくなったことです。

酪農ヘルパーを⽬指す⽅へメッセージをお願いします!

主に2⼈1組で作業を⾏うので、先輩⽅に作業のことを聞いたりしながら⼀緒に作業をしていきます。皆さん優しく丁寧に教えてくれますし、農家の⽅も気さくに話しかけてくれます。
それぞれの⽜舎での作業内容を覚えなければいけないので、⼤変なこともありますが、学べることが多い職業ですので、是⾮⼀緒に働いてみませんか?